ブレインチームのご紹介

トップページ>会社概要>ブレインチームのご紹介

砂田 宏 代表取締役 / President & Chief Executive Officer

1966年生まれ。1991年に株式会社三和銀行(現、三菱東京UFJ銀行)入行。関東の支店及び審査部や営業のトップ組織である東京営業本部の部長代理、コーポレートファイナンス部M&A班の部長代理等を経験。中小企業向け融資から投資銀行業務まで幅広く実績を出し、行内表彰制度で優秀外交として5回表彰を受ける。その後BNPパリバ銀行法人営業部長、投資銀行部長に就任。ドイツ銀行、ドイツ証券と外資系金融機関に勤務を経て、医薬系ベンチャー企業の執行役員経営企画室として事業法人の経営にも参画。株式公開に向けてベンチャーキャピタル向けの投資説明会の開催やIPO実務を経験。今までの自己の経験を幅広く活用して、社会に貢献すべく当社を設立。座右の銘は「一灯を下げて暗夜を行く。暗夜を憂うる事なかれ。ただ一灯を頼め。」佐藤一斎「言志四録」より。

Brave砂田のブログへ

ブレインチームプロフィール

中村 隆夫(顧問弁護士)

1965年生まれ。1989年日本銀行に入行。主に決済リスクの軽減システム作りに従事。1996年に同行を退職し、株式会社デジタルガレージ(当時のITベンチャー、現在ジャスダック上場)副社長に就任。1999年に株式会社インフォシーク初代代表取締役社長に就任。ほかにも数社の代表、社外取締役、顧問などを務め、2004年母校の東京大学法科大学院に入学。2009年1月弁護士として鳥飼総合法律事務所に所属。日銀時代に米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)経営大学院に留学し、MBAを取得。経営センスを兼ね備えた弊社の顧問弁護士です。

能登屋 督之(顧問会計士)

1964年生まれ。1988年公認会計士2次試験合格、アーサーヤング(現あずさ監査法人)入所。1992年公認会計士3次試験合格。1993年税理士登録。1995年代々木上原にて能登屋会計事務所開業。その後1997年港区南青山、2007年港区赤坂、2009に港区北青山に事務所移転。会計界での人脈も多く、企業組織再編、ストックオプション、有限責任事業組合等の組合会計、公益法人関係税務、経営承継円滑化法に基づく事業承継税制等に詳しく堅実な提案をなさる先生です。
平成21年度には、独立行政法人情報通信研究機構の先進技術型研究開発助成評価委員、高齢者・障害者向け通信・放送サービス充実研究開発助成評価委員も務めていらっしゃいます。

所 源亮(アドバイザー:アリジェン製薬社長、一橋大学イノベーション研究センター特任教授)

1949年生まれ。医薬品、植物及び動物の遺伝子、ワクチン、食糧などの分野における創業、ジョイントベンチャー、ライセンス交渉及びリストラキャリングに多くの実績を持つ。10年間世界最大の種子会社パイオニア ハイブリッドインターナショナルに在籍。国際部取締役営業本部長として アジア、欧州、中南米における同社の種子ビジネス拡大に貢献。バイオ製品、農業製品の国内メーカー ゲンコーポレーション社長を経て、1993年日本バイオロジカルズを設立。その後、日本最大の動物薬会社である日本全薬工業に株式売却。2001年にアリジェン製薬(株)のCEO&代表取締役社長に就任。2008年からは母校の一橋大学イノベーション研究センター特任教授。医療・薬業如水会会長、西町インターナショナルスクール理事。社団法人TOKORO奨学金代表理事。2009年1月、アリジェン製薬は大鵬薬品工業と潰瘍薬の開発販売権について100億円強の大型契約を締結。

守山 淳(アドバイザー:オフィスJM代表・経営コンサルタント)

1946年生まれ。1969年三井物産に入社。主に鉄鋼製品の海外部門で営業マンとして過ごす。アメリカ留学、ロンドン支店、ニューヨーク店と12年間の海外駐在。社長秘書として経営の要諦を体験。1999年取締役鉄鋼製品本部長、2001年から4年間 万博と空港で元気な名古屋の地で常務執行役員中部支社長として活躍。2005年三井物産退任後、空調の設計・施工会社である新日本空調株式会社にて専務として活躍。2009年から経営コンサルタント業のオフィスJMの代表。
素晴らしいご経歴と幅広い御人脈で弊社をサポート頂いています。

PAGE TOP